Googleの検索がめちゃくちゃになっている

最近のGoogleの検索はめちゃくちゃ 最近、Googleの検索がめちゃくちゃになっていますよね。検索をよくする人はもう気づいているのではないかと思いますが、ろくなサイトが検索で上がってこないので、サイトを探すのが大変です。まれにGoogleの検索で有益なサイトを見つけたら、ちゃんとブックマークしておかないと、次に検索した際には、もう見つからなくなっていることも多々あります。 ブックマークの時代が再来 「ブックマークが重要!」と言う時代が再来した様な感じです。 先ほど、Wikipediaの記事を検索しようとして、「○○ wiki」で検索したら全然関係のないページがどわ~と出てきて、Wikipediaの記事が全く出てきませんでした。そこで、ずばり「○○ Wikipedia」で検索したのですが、まるで事態は変わりませんでした。 「それはないでしょう?」と思って、ずばり「Wikipedia」で検索したら、Wikipediaのノートのページとか、変なページがトップ表示されたので、とりあえず、そこからWikipediaに入り、Wikipediaの検索窓で「○○」を検索しました。 「○○」って何だって言われそうですが、3年ぐらいまでに上映されていた人気の高かった映画の題名です。この検索結果ってずいぶんひどいですよね。 数時間したら、正常に戻りましたが、その間、検索がまるで使い物になりませんでした。いったいどうなっているのやら・・・。 ブックマークに入れる…

続きを読む

伊藤詩織

最近、伊藤詩織なる人物が脚光を浴びているようです。なんでも、TBSの中年男性記者を食事に誘い、アルコールを飲み過ぎて、酔いつぶれて寝てしまったら、強姦されたとかいう件で、このTBSの中年男性記者を訴えたということです。しかも、さらに自分の顔に似た絵を描いたとして漫画家さんも訴えられたと言う。 世の中ずいぶんおもしろいですね。 さらにおもしろいのは、この人、顔を整形したらしくて、美人顔は偽物だという点です。ジャーナリストを名乗っていますが、文章力はゼロらしいです。 伊藤詩織(整形前の本当の顔) 文章力がゼロなのに、どうやってジャーナリストをやるつもりなのでしょうか?(笑) 強姦の件は、強姦のあった直後にフレンドリーなメールを「加害者」であるTBSの中年男性記者に送っているので、明らかにうそですね。こんなうその訴えが通るという点が日本の裁判所のおかしなところです。裁判官は馬鹿なのでしょうか? 裁判官には、少しは社会の勉強をしてほしいですね。 ろくな能力もない自称ジャーナリストの伊藤詩織って、本当はいったいどんな仕事をしているのでしょう。ちょっと調べたら、キャバ嬢らしいです。 お金がないので、キャバ嬢をやったらしですが、いくらお金がなくても、まともな人はキャバ嬢をやったりしません。まだキャバ嬢を続けているかどうかは謎ですが、何をやっているのかまるでわからないので、案外、そんな様な仕事を続けているのかもしれません。 社会は驚きに…

続きを読む

英語が不得意なのを克服する方法

英語が不得意になる原因 英語が不得意でも恥ずかしくはありません。英語の不得意な人は山ほどいて、むしろ英語の得意な人の方が珍しいです。英語ができるようにならない原因は、いろいろありますが、最大の原因は学習方法が間違っていると言うことです。後は学習時間の問題です。 英語ができるようになる方法 英語教育の専門家はもちろん、通訳とか、翻訳家など、英語を専門にしている人の大半は、大抵知っていることですが、英語ができるようになる唯一の方法は、直接教授法という方法で英語を教えてもらうことです。 直接教授法というのは、英語を英語を通して学ぶ方法のことで、英語を日本語を通して学ぶ方法である間接教授法とか文法翻訳法の反対の方法です。学校では、たいてい、間接教授法で教えていますが、これが英語ができるようにならない最大の原因です。 海外留学で大学に留学すると、大抵の人は、付属の英語教室に入れられますが、そこで学ぶ方法は直接教授法です。決して英語を日本語に訳して教えたりしません。日本にいるよりも、海外留学した方が英語ができるようになるのは、実は、これが理由です。海外留学すれば、だれでも、英語を英語を通して教えてもらえるからです。 日本で直接教授法により英語を学ぶ機会 では海外留学をしないと、直接教授法で英語を学べないかというと、そういうことはありません。ただ、直接教授法で英語を教えいている学校や教室が著しく少ないので、そういう機会があまりありません。また、単に英語を英語で教えて…

続きを読む